みかんうまい

アクセスカウンタ

zoom RSS 御用ジャーナリストにだまされないぞ

<<   作成日時 : 2007/07/21 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月26日、安倍首相はサンデープロジェクトや朝生でお馴染みの田原さんとお食事会を開きました。どんな話をしたんでしょうね。
【午後】0時2分、執務室を出て首相会議室。3分から1時1分、ジャーナリストの田原総一朗氏と昼食。2分、首相会議室を出て執務室。

【首相動静】6月26日|首相|政治|Sankei WEB
http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070627/shs070627000.htm


その日の日経BPネット。

田原総一朗の政財界「ここだけの話」
第16回 会期延長はそんなに問題か! 権力闘争で霞む真の国政問題 (2007/06/26)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070626_16th/


いやはや、とてもわかりやすい。

公務員制度改革も、審議をするための会期の延長も良いことではないか。なぜ新聞もテレビもこれに反対するのかわからない。

僕は本当にマスコミというのは信用できないと思うのだが、

ええ、確かに信用できません。田原さんを含めて。

社会保険庁改革のときは「たった4時間の審議で強引に採決した」と批判しておきながら、今度は会期を延長してじっくりと審議をしようとしたら「強引に会期を延長した」と叩く。この前はたった4時間で採決をしたことに怒り、こんどは会期を延長して審議をすることに怒っている。なんでも反対なのだ。

審議していないから批判しているのでしょう?
実際に会期延長してからほとんど厚生労働委員会は開かれていません。
予定されていた委員会のほとんどを中止し、民主党長妻議員の質問を封じ、そしてまともな審議無しに強行採決したから批判しているのです。
そしてそれをやったのは政府自民党公明党なのです。

それを知っていてこんなことを言っているわけですね、この人は。
知っていながらこういう記事を書く。
それが御用ジャーナリストの仕事なのですかね。

しかも、「会期を延長したらカネがかかる」という声もあるが、カネがかかるのは議員の懐であって直接国民に負担がかかるわけではない。

直接国民が負担しています。
国会が一日開かれれば、それに伴い費用が発生します。
それは国民一人一人の税金が負担しているのです。

社会保険庁改革の強行採決に反対したように会期延長にも反対しているが、今度はじっくりと審議するために会期を延長するとしているのだ。なんでも反対・批判をすればよいというものではない。

だから審議などしていません。
審議のための延長ではない。
強行採決のための延長であったことはすでに結果が証明しています。

マスコミはこぞって安倍首相を叩いているが、僕は責任を背負って会期延長を決めた安倍首相をむしろ評価したい。

どうぞご自由に。

だがこうした自民党内の権力闘争を国政の問題にすり替えてしまうのは、やはり大問題だろう。

安倍さんの足を引っ張るようなことはしちゃいかん!
だ、そうです。



そしてこれ。

田原総一朗の政財界「ここだけの話」
第20回 安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター (2007/07/19)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070719_20th/


まず小泉前首相でも成し遂げられなかった「社会保険庁の解体と民営化」と「公務員の天下りの改革」この2つのタブーを安倍首相はやろうとしているのだ、と最大限に持ち上げ、この改革をやろうとしていることが安倍政権が窮地に立たされている最大の原因なのだ、といっています。そして、
だから僕は、社会保険庁がこぞって、いわばクーデターをしかけたのだと思っている。つまり、社会保険庁の年金がめちゃくちゃな状態であるということを、社会保険庁自らが広めたということだ。

と、官僚がクーデターを起こしたのだと言っているのです、想像で。

民主党の長妻昭議員が社会保険庁に手をつけたのが去年6月、そして、5000万件以上もの行方不明の年金があると発表したのが今年2月。ところが、安倍首相や塩崎官房長官がこのことを知ったのは6月に入ってからだ。

こういううそを平気で書いていていいんですかね?
政府は昨年末の時点ですでに状況を把握しています。
これは民主党長妻議員がことある毎に発言していることです。

つまり、社会保険庁は、政府・官邸には何も知らせずに「大丈夫、大丈夫」と言いながら、民主党を中心にした野党、そして週刊誌、新聞に、いかに年金の記録がめちゃくちゃになっているかを、どんどんリークしたのだ。

社保庁を悪玉にすることに必死です。

なぜ、こんなリークをしたのか。

つまり、そういうことをリークすることで「安倍内閣がいかに危機管理ができていないか、社会保険庁も悪いが、それを全く管理できていない内閣はとても国民は信用できないだろう」と思わせた。

どういうことかというと、今度の参議院選挙で自民党が負けて安倍首相が退陣すれば、社会保険庁改革は消えるわけだ。

なにを言っているんですか、退陣したって消えませんよ。
こんな小学生でも考えつきそうな想像で、読み手を納得させられると思っているのでしょうか。
しかも断定して書いてますよ、本当にそうであったかのように。
流し読みしている人は実際そうだったんだ、と誤解する可能性がありますよね、これ。

こうなると、マスコミも国民も非常にサディスティックになって「やっつけよう」となる。弱くなった安倍首相をやっつけるのが痛快なのだ。一種の“ガス抜き”と言っていい。親子3代毛並みも良い、そして強気で出してきた、この権力が弱まってきたので、今こそサディスティックの対象となり、みんな“安倍いじめ”をやっている。

みんながいじめてるから、僕も私も安倍さんをいじめるぞ〜、って我々がやってるんだそうです。
国民を馬鹿にした発言ですね。
そんなことで怒っているわけでは全然無いのに。

そのようなこともあるが、基本的にはここまで述べた問題こそが決定的に安倍内閣に不利な要因となっている。この構造を理解しないと政治はわからない。

いやいや、ほんとに理解していないのは田原さんの方なのでは?


本記事は、
だから僕は、社会保険庁がこぞって、いわばクーデターをしかけたのだと思っている。

以降の文章は語尾にすべて「思う」を付けて読むのが正解です。

7/28追記:
そっか、7/27深夜は朝生でした。
選挙直前、最後の最後で田原さんのご支援が炸裂するって寸法だったんですね。
そのために投票日を一週間伸ばしたのかぁ。
いやー気がつかなかった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御用ジャーナリストにだまされないぞ みかんうまい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる